化学メーカー
39歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2500万円・30年ローン』

建売・一軒家を購入する前の悩み

以前はアパート2Fの中部屋に住んでいた為、子供が小さいうちは騒音等で苦情がよく来た。

子供が泣いたり騒いだりするのはしょうがないと思っていたが「しつけがなっていない!」や夜泣きを「非常識だ」と管理会社や、直接言われたりして精神的にもつらい思いをしていた。

駐車場などの設備も共用なので、「たまには気晴らししよう」と思い立っても自家用車の洗車や車いじりができずストレスを感じていた。

子供の遊具やベビーカー、自転車などの置き場もなく玄関スペースが手狭で出入りに苦労していた。

購入を決めたきっかけ

子供が小学生になるタイミングで気づいたのだが、居住していたエリアは学校区が広く通学に徒歩で40分ほど掛かると聞き子どもたちが余りに不憫だと思った。

「子供が入学するまでの1年間で決めてやる!」との思いで毎週末のようにモデルハウスや展示会、ハウスメーカーめぐりを敢行した。

ちょうど同じようなタイミングで離婚することになったので、実家の両親を呼び寄せて住める家を建てようと思い「家族が仲良く住める環境の良い立地を」というのを念頭に置いて行動した。

とてつもないエネルギーが必要だったが、新しい家のワクワク感や未来を想って頑張った。

こだわりや注意したポイント

建売住宅だったが、窓や外構、収納など多岐にわたってオプションが選べたので気分的には半注文住宅のような感覚で選ぶことができた。

きっかけにあった通り子供たちの通学環境を第一に土地、建物を探した。

次点としては東日本大震災を目の当たりにしたことで「災害等の備えをしっかりとしよう!」という点に注意した。

古地図の確認もしたし地盤検査の見方なども自主的に勉強して自分が納得する立地を選べたと思う。

3つ目に、自分の通勤距離を重視した。

車での通勤時間は他に出来ることもなく運転に集中しなければならず、個人的には無駄時間と感じていた。

「この無駄時間を定年まで積み上げるとすごい時間無駄にしてるよな、、土地が安かったり、治安が良さそうな立地よりも重要な点だよなぁ」と考え、自分で許容出来る片道30分という時間にこだわった。

かなりのハウスメーカーや不動産会社を回ったが、やはり情報の速さ(戸建ての売出し情報や値下げ情報)がとても重要だと思った。

いくつかの会社はLINEでやり取りをすることができ、営業さんとLINEでフランクに情報交換ができたのが大きかったと思う。

「お金の話だし聞きにくいなぁ」と思うことや「他のメーカーと天秤にかけて断り入れるのに電話するのは忍びないな」というときに大活躍した。

住み始めて生活が劇的に良くなったこと

音を気にすることがなくなった。

賃貸時代は封印していたギターを弾いたり、心置きなく子供たちと家の中で遊ぶことができた。

TVの音量や音楽鑑賞も音量を気にすることがなくなりストレスは大幅に減ったと思う。

また、広さも大幅に広くなったので荷物を置くスペースの心配がなくなった。

更に言うと賃貸にはなかった庭の存在が大きかったと思う。

私はあまり庭がほしいとは思っていなかったが、実際手に入れると庭の整備や家庭菜園等の別の楽しみもでき、劇的に生活が良くなったと感じた。

建売・一軒家の購入を検討中の方へ

すべての理想を叶えることはやはり難しいが、まずは家族で「これだけは譲れない!」という点をよく話し合うのが大切だと思う。

そこからは予算とのにらめっこになるとは思うが、やはり大事なのはよく話し合うことと、いろいろなものを見るということだと思う。

最終的に完成した家に住んだとき「ここは譲らずこだわって正解だったな」と思う時が来ると同時に妥協しなかったことによる幸せを感じることが出来ると思う。

なので、ダレることなく適度なスピード感、緊張感が持てる準備期間として1年~1年6ヶ月程度の期間を取ることをおすすめする。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事