医療関係
35歳 女性
およその金額とローンの期間は
『中古 およそ1500万円・30年ローン』

建売・一軒家を購入する前の悩み

自分の実家に完全同居で両親と子育てに対する考えの違いに悩まされる私でした。

他県からUターンした当初、良い物件が見つかるまで同居させてもらっていました。

家事や子育てで助かる面が多い一方、「抱き癖がつくよ」「お姉ちゃんなんだから我慢しないと」「甘やかしすぎ」「トイレトレーニングは2歳になったら始めるもの」など両親が子育てをしていた当時の常識をそのまま実践し、考えが違うことに少しずつストレスを感じるようになっていました。

購入を決めたきっかけ

両親との考えの違いにストレスを感じ始めたことが大きかったですが、元々Uターン後に落ち着いたら物件を探す予定だったので本格的に探し始めました。

その際に子どもが思う存分走り回っても周囲に迷惑をかける心配の少ない一軒家が良いと言うのは夫婦で一致した為、アパートやマンションは候補から外れました。

また、庭での家庭菜園や子ども用に砂場をDIYすることに憧れがあったので、実現するために一軒家を購入することを決めました。

こだわりや注意したポイント

生活圏が車必須の田舎なので駐車場が広い物件を探しました。

前述したように庭がそれなりに広いことも条件として加えました。

間取りは子どもの性別や人数によって変わるので、LDK+大人の寝室+子ども部屋2部屋を最低条件としました。

また、子どもが小さかったので傷がついたり汚れたりしても私たちへのダメージ(笑)が少なく済むよう中古物件を探しました。

住宅ローンの月々の返済額もアパートと同じ程で済みますし、固定資産税も新築より安く済むだろうと考えました。

注意したポイントは耐震性の確認と基礎部分の欠陥がないかどうか、シロアリの影響がないか調査してもらうことです。

ローン返済額が安くても安全でないと意味がないですからね。

始めは新聞に入っているチラシやインターネットで色々な不動産会社のホームページで情報収集しました。

知人に相談したところ、掲載されていない物件もあるとのことだったので、休日に不動産会社を巡って物件情報を直接聞くことにしました。

3社ほど比較しました。

住み始めて生活が劇的に良くなったこと

両親の目を気にせず、私も子供たちものびのびと生活できるようになりました。

大人の手が少なくなったので大変なこともありましたが、それよりも思う存分抱っこをしたり、姉だという理由だけで長女が怒られなくなったり、庭で走り回ったり土いじりをして遊んだり良い変化の方が多かったです。

また、ご近所の方が子ども達をかわいがってくださり家族以外の大人と関わる機会が増えたように思います。

家庭菜園で育てた野菜は子ども達もモリモリ食べてくれます。

建売・一軒家の購入を検討中の方へ

一軒家の購入は人生でとても大きなイベントな上、一番大きな買い物なので失敗したくなかったり不安だったりすると思います。

自分達の生活に合った物件の条件やローン返済額を考慮して中古物件の購入も1つの選択肢に加えても良いのではないでしょうか。

私たち一家はピカピカの夢のような一軒家を購入した訳ではありませんが、のびのびと生活できる環境を手に入れることができました。

ローン返済額も余裕がありとても助かっています。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事