専業主婦
36歳 女性
依頼した会社は
『アキュラホーム 』
およその金額とローンの期間は
『およそ6000万円・35年ローン』

マイホーム・注文住宅を購入する前の悩み

収納には大変困っていました。

賃貸マンションは、地方では大きい部屋を借りることが出来て収納にも困らなかったのですが、東京の都内に通勤しやすい場所で選んだマンションは、収納がとても少なくものが収まらなくなりました。

転勤族は、引っ越しの度に荷物の整理が出来るので、毎回ものを捨てたり売ったりとすっきりしてきましたが、それでも多すぎて、結局実家の空き部屋に置かせてもらうことにしました。

その経験を踏まえて、注文住宅では、収納の広さを重視し、屋根裏収納も作りました。

購入を決めたきっかけ

主人の仕事が転勤が多く、1年~2年のペースで賃貸マンションに引っ越しを続けていました。

しかし、子供が幼稚園に入園してお友達も増えていく中で、小学校までにどこか子育てがしやすい場所で家を建てて、生活を落ち着かせたいと思い決めました。

また、主人も私も当時32歳で、定年までにローンを払いきりたいという計画で、35年ローンを組んで家を買うことを決意しました。

また建売住宅や分譲マンションも見ましたが、すべての希望が叶う所はなく、思い切って理想の家を作ることにしました。

こだわりや注意したポイント

リビングダイニングの間取りに一番こだわりました。

以前狭いマンションに住んでいた時は、部屋の角に追いやられて壁を向いて料理をする暗いキッチンでした。

暗いと手元の作業もやりにくいし、何より常に家族へ背を向けている状態で、まだ小さくて心配な子供に目を向けられないので困っていました。

私の希望はキッチンが部屋の一番のメインになるぺニンシュラのキッチンにすることで、家族の皆の様子を見ながら料理が出来るようになりました。

家事をしていても明るく楽しい時間を過ごせています。

価格と品質のバランスです。

主人が建設系の仕事をしているので、どうしても自由設計で家を建てることが夢でした。

ある程度の自由設計が可能で、家族の希望をかなえる家づくりが出来るというところが決めるポイントでした。

初めて展示場に立ち寄った時の営業担当の方との相性もよく、その後の打合せも毎回楽しく行うことが出来ました。

住み始めて生活が劇的に良くなったこと

自分たちが選んだ環境の良い土地で換気のいい家に住めて、以前のマンションでは体調をしょっちゅう崩していて、子供たちは夜中に咳が止まらず嘔吐することもありました。

私も環境が合わず咳喘息にもなったり落ち着かない部屋でしたが、ここに住み始めて家族全員の体調がとても良いです。

子供たちの夜の咳き込みもなくなり病院通いがなくなりました。

また、自分の希望した間取りで朝の家事動線の確保ができて仕事が早く終わり楽になりました。

電気のコンセント位置は、もっとしっかりイメージをして考えるべきでした。

住んでみると、欲しい場所にコンセントがない、あっても下すぎたり場所が届かないなど後で気づきました。

図面上でなかなか難しいですが、自分が住んでからのその部屋での行動をイメージして、付ける位置まで考えることが大事です。

また、「迷ったら付けておく」これも重要です。

後から追加することはものすごく高い金額になります。

最初に付けておけば、高くもないし後悔がなくなります。

注文住宅の購入を検討中の方へ

我が家は天井高さを元の設計より10センチ高くしました。

たかが数センチと思うかもしれませんが、これが居心地の良い空間を生み出してくれています。

友人が遊びに来てくれた時にも、必ず「大きなリビングに感じる」と言われます。

10センチの効果は絶大でオススメです。

また、リビングに隣接して階段がある場合には扉をつけたほうがいいです。

以前賃貸の一軒家を借りた時にも階段があり、とても寒くて、一時的にロールカーテンを取り付けて対策をしました。

その経験から扉を付けました。

おかげで空気が上階に逃げず寒くないし、空調の効き方が全く違います。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事