パート
31歳 女性
依頼した会社は
『秀光ビルド 』
およその金額とローンの期間は
『およそ2000万円・35年ローン』

マイホーム・注文住宅を購入する前の悩み

購入前はアパートで生活していましたが、やはりアパートは住む人の入れ替わりが多くどんな人がいるのか把握できないので不安に思うことがありました。

しかしわたしの一番の悩みは、どのアパートにも蜘蛛などの虫がつねに出てくるということです。

当時は小さい子供がいたので、虫が苦手なわたしは「こんなところで子育てをしたくない!」といつも落ち着かず生活していました。

耐えられず、次は新築のアパートを選びましたが住み始めるとやはり多くの虫が気になりはじめました。

今考えると、周りに知らない人が住んでいるということで余計に神経質になっていたんだと思います。

購入を決めたきっかけ

アパートでは家賃を払い続けても終わることがないので、初めからマイホームの希望がありました。

住宅メーカーによっては当時のアパートの毎月の支払いとほぼ同じ額で返済していけることがわかり、「それなら今すぐにでも建てるべきだ!」と思い決断しました。

また、こどもが幼稚園に通っていましたが、小学校に入学する前にマイホームに住みたいという希望があったのもきっかけとなりました。

家族みんなの意見があったタイミングで決断することができました。

こだわりや注意したポイント

大きな家に住みたいという希望はなく用途のない部屋をつくらないように、目的を考えて話し合いました。

2階のバルコニーを作る計画では、「虫がいるから絶対洗濯物は室内に干したい!」という強い希望があり、バルコニーからサンルームへと変更しました。

日もあたり外に出る必要もなく、洗濯物を干すだけの小さなスペースはこだわって良かったなと思います。

部屋の大きさに関してのポイントですが、アパートでは収納スペースも限られていましたが、注文住宅ではウォークインクローゼットが多くあったので部屋の広さはそこまで気にしなくても大丈夫だったなと思います。

評判の良い有名なところは安心ですが、予算が限られていましたので最初は金額重視で選びました。

そこからまずは店舗へ行き直接話を聞いて、値段を抑えてもこだわっているところや「これなら安心して任せられる」と納得できるかどうかが重要だと思います。

住み始めて生活が劇的に良くなったこと

まずは今まで上の階や両隣に住んでいた人のことを考えて気を遣う必要がなくなったことで、気持ちにゆとりがでてきたと思いました。

そしてあれだけ気にしていた虫もあまり気にならなくなり、「アパートではなく本当に自分の家だ」という気持ちの変化が普段の生活にも影響していたと思います。

一番劇的によくなった変化は猫と住むことができるようになったことです。

アパートではできなかったことが注文住宅に住み始めて実現できた喜びはとても大きかったです。

一階にリビングとキッチンのほかにもう一部屋つくりました。

当初は応接間としてお客様が来られた時につかえる部屋があればいいと思い計画しましたが実際そのような機会があまりなく、「これなら部屋を一つにしてリビングを広く使えばよかった!」と思いました。

注文住宅の購入を検討中の方へ

注文住宅の購入はきっといまの生活をより良いものに変化させてくれる決断だと思うので、慌てず納得のいくものを完成させてほしいと思います。

私が経験して感じたことは、色やデザイン、レイアウトなど思ったより決めなければならないことが沢山あって途中で「もうどうすればいいか分からない!」となげやりになる時がありました。

お伝えしたように納得のいくものを完成させるということが大事なのですが、完璧を求めすぎると途中で投げやりになることもあります。

自分が住んでいるところをイメージしながら考えると理想の家に近づくのではと思います。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事