会社員
50歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ4000万円・30年ローン』
購入後に後悔した点
『ご近所・近隣施設』

マンションを購入する前の悩み

以前は賃貸のアパートに住んでいました。

給料も安く、結婚してまだあまり貯金もない状況だったので、比較的家賃の安い物件に住んでいたのですが、かなり古い物件で、風の通りが悪いうえに換気の設備が十分でなく、風呂もすぐにカビてしまうような状況でした。

そのような中、だんだんと妻が喘息気味になりました。

カビっぽい部屋の空気が悪影響を及ぼしている可能性が大であったため、新しくてきれいなところに引っ越したいと思っていました。

購入を決めたきっかけ

妻が喘息気味になり、別のところに引っ越したいと思っていたところで、私が転勤することになりました。

そのアパートから通うには通勤時間がかなりかかることになるため、引っ越した方が良いという結論になりました。

別の賃貸物件を見つけて引っ越すことも選択肢としてはありましたが、家を持つのならそろそろという年齢でもあったので、そのタイミングでこれからは部屋に悩まされることの無いよう、思いきって新しいマンションを購入することにしました。

こだわりや注意したポイント

まずは高い買い物で不良物件をつかまされると影響が大きいので、信頼できるディベロッパーであることを重視しました。

次に、マンションの価値が将来的に下がらないことを重視して、鉄道路線や高速道路へのアクセスの良さや、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなど、生活する上での利便性全般について意識しました。

また、その時まだ子どもはいませんでしたが、いずれできることを考えて、良い学区であることは意識しました。

後悔?もう少しこうすればよかった事

何もない最初の段階の部屋は広く感じますが、いろいろと物を入れていくとすぐにスペースが埋まっていき、思っていたより狭いな、と思いました。

また、いずれ子どもができることは想像していたものの、いざ子どもができると思っていた以上に手狭に感じ、やっぱりもうちょっと広い方が良かったかなと今になって思います。

また、マンションを購入しての月々の支払いはローンだけではなく、修繕積立金などがこまごまと積み重なってそれなりの額になりますが、その点への認識が甘く思っていた以上に負担が重かったです。

ついつい目の前の状況を前提に購入しがちですが、将来を考えたときに本当にその物件で足りるのかどうか、子どもができても大丈夫か、年を取って老人になっても大丈夫かなど、シビアに見通して考えることに妥協してはいけないと思います。

マンションの購入を検討中の方へ

買うときには販売価格やローンの月々の支払額ばかりに注目しがちですが、修繕積立金や駐車場使用料などがそれなりのボリュームとしてのしかかってきますので、その点も頭においた上で購入してやっていけるかどうか考えられた方が良いと思います。

また、この先の人生の変化をできる限り見通して、この物件で本当に大丈夫か、部屋は狭くないか、売りたくなってもそれなりの値段で売れるのかなど、多方面から検討された方が良いと思います。

 

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事