公務員
41歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ4000万円・35年ローン』
購入後に後悔した点
『費用・お金』

マンションを購入する前の悩み

賃貸マンションで生活していた時は、建物の構造上、お隣さんの生活音や話し声が響いたため、神経質な生活を余儀なくされていました。

特に一方のお隣さんが、母親、娘の二人家族世帯で、あまり親子仲が良くないらしく、時々、怒鳴り声をあげるような親子ケンカをしていて、その声、内容が聞こえてきて、とても気になってしまいました。

迷惑を被っている側であるものの、廊下ですれ違う際は何となくそわそわしてしまい、心穏やかに生活できない理不尽さを感じました。

購入を決めたきっかけ

子どもが1歳を超えて、動き回ったり、飛び跳ねるようになり、隣人の騒音問題もあって、こちらが加害者側になる日も近いなと思うようになってきたことと、結婚して4年が経過しており、そろそろマイホームを手に入れるのが一種のステータスといった世の流れに同調したことがきっかけで購入しました。

戸建てでなくマンションにしたのは、共働きでお互いに面倒くさがり屋という性格上、管理が楽で、駅近の好立地に住めるという両面から、夫婦の中でもマンション一択でした。

こだわりや注意したポイント

共働きで通勤に駅を利用するため、立地を最優先で考えました。

人口流入があり、子育て世帯の多い街であったため、好立地物件は分譲でも賃貸でもすぐに空きがなくなってしまうため、立地重視で息子の小学校区などを加味して候補エリアを絞り込み、そのエリアに建設予定のマンション情報があると販売会社に連絡してモデルルーム見学といった状況でした。

よって、間取りや階数、平面駐車場かどうかなどへのこだわりは一切なく、好立地、新築という条件にこだわりました。

後悔?もう少しこうすればよかった事

最近は資産運用に興味を持ち、お金の勉強をする中で、新築のマンションは販売手数料が相当額載せられていることを知りショックを受けました。

現在は、住み始めてから5年以上が経ちますが、その間、同じマンション内でも転勤等の理由で引っ越される方が相当数いますので、今となっては、好立地の築浅の中古マンションで十分だったなと思えますし、もう少しお金の勉強をしてから、新築という価値にこだわらずに物件選べをするべきだったなと感じています。

マンションの購入を検討中の方へ

人により家に対する価値観はそれぞれですが、世間並み以上のステータスやこだわりを求めず、一つの資産として捉えている方には、ぜひともリセールバリューを意識することをお勧めします。

マンションのメリットの1つに、ライフスタイルの変化に応じて、より適正な物件に戸建てよりも身軽に移り住めることだと思います。

それには、売却時に購入価格以上の価値で売却できる物件を選べることが大切で、人気エリア、好立地などの優位性を踏まえて検討されると良いと思います。

 

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事