専業主婦
40歳 女性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2600万円・35年ローン』
購入後に後悔した点
『費用・お金』

マンションを購入する前の悩み

結婚と同時に夫と暮らし始めた賃貸マンション。

最上階だったので夏はとにかく屋上からの熱で暑い。

エアコンは24時間フル稼働。

古い実家の一軒家よりは暖かくなったとはいえ、冬は寒い。

入居した頃は日当たりも良く、日中は家でぬくぬくしていたのに、5年ほど経った頃、真ん前に高階層マンションが建って日当たりが悪くなってしまった。

「こんなはずじゃなかった!」と引っ越しも考えたが、立地が良かったので便利な生活を手放せず、だらだらと住み続けているうちに子どもが生まれ、今度は手狭になってきた。

購入を決めたきっかけ

近所のスーパーにいつものように買い物に行くと、隣に建設中のマンションがあるのに気付いた。

「好評分譲中」とあり、周辺地域では珍しい床暖房完備だった。

「いいなー床暖」とその日夫に話した。

その時は買うとは思っていなかったのだが、経済情報をチェックしている時、ハイパーインフレの記事が目に付いた。

「我が家にある現金も、ハイパーインフレが起きれば価値がなくなる」と思った。

固定資産を持とうと。

「そういえば、あのマンションまだ買えるのかな?買いたい、買おう!」と、すぐにモデルルームを見に行き、それからはものすごいスピードで購入に至った。

こだわりや注意したポイント

マンションを買うなら立地重視だと常々思っていた。

まずは小学校に近いこと。

子どもは早生まれで体力があまりないため、長い距離を夏の炎天下に歩かせるのはどうしても心配だった。

でも何より一番は、売る際を考えてのこと。

死ぬまで住み続けるのかは分からない。

「先のことは分からないけれど、立地さえ良ければ何とかなるはず」だと。

実際、実家はそれまで住んでいたマンションを売ってその後に建ったものだった。

そしてもう一つはエアコンの効率を考えて角部屋と最上階は選ばない、と決めていた。

後悔?もう少しこうすればよかった事

住んでから1年も経たないうちに、修繕積立金の将来的な不足を見据えたプリントが配られた。

コロナ禍やインフレがあるとしても、ちょっとこれはいただけない。

「詐欺やん」とさえ思った。

また、マンションには機械式駐車場があるのだが、機械式駐車場があるマンションは整備費が多額になるので、将来車に乗る人が減って駐車場収入が減ると維持できなくなる恐れがあるということも住み始めてから知った。

思い立ったらすぐ行動する性格上、仕方ないことではあるが、その辺も調べてから金銭面の計画をしておけば良かったかなと思う。

マンションの購入を検討中の方へ

「将来の修繕費等の維持費は上がる可能性はあっても下がることはない!」くらいに考えておいた方が良いと思う。

とにかく無理して高い部屋を買わないこと。

そして、ローンは組めるうちに組んでおくこと。

我が家は主人に通院歴や持病があったので、ローンが通るまでヒヤヒヤでした。

「家を買うのなんてまだいいや」と思っていたのに、いざ一般団信が無理かもしれない、となると焦ります。

「家と保険は若いうち、健康なうちに、ともっと誰かが教えてくれていたら!」と切実に思った。

 

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事