事務職
45歳 女性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2200万円・35年ローン』
購入後に後悔した点
『ご近所・近隣施設』

マンションを購入する前の悩み

マンションを購入する前は団地暮らしで部屋の仕切りがふすまで隣の部屋の音が気になり生活に不便でした。

産まれたばかりの子供を寝かしつけると夫が帰宅。

隣の部屋で夫はテレビを付け大音量。

「子供が起きるからもう少し音量下げて」というような事をしばしば言っていました。

またお風呂場が古かったのでとても寒く異常に広い浴槽はなかなかお湯が溜まらないという感じでした。

お風呂が溜まって子供と私が入り帰宅した夫が入る頃にはお湯は冷たくなっているのですが湯沸かし機能がないので再び熱いお湯をつぎ足ししていました。

結果水道代がとても高かったです。

購入を決めたきっかけ

マンションを購入するきっかけは子供が2人になり生活するには部屋が狭かったからです。

夫の仕事も安定してきてローンが組めるようになったのもきっかけです。

「賃貸だとお金を払っていても自分たちの物にもならないしローンが組めるようになったのだからマンションを購入しよう」と提案しました。

夫一人の収入では生活が厳しいというのは辛いので私もちょうどパートで働けると思いました。

「夫婦で協力してお金を稼いでマンション購入しよう」という決意もありました。

こだわりや注意したポイント

マンションの購入のこだわりはとにかく日当たり。

朝日が入る南向き。

そして広いバルコニー。

「1階や2階ではなく3階以上に住む」前のアパートが2階建てだったので3階以上がポイントでした。

「日当たりはお金では買えないから絶対日当たり良好の向き」あとは「収納がタップリある部屋」たくさんの物が溢れた部屋にはしたくないので収納が各部屋にあるのがいいと思いました。

「子供のおもちゃも収納スペースに入れたい」そんな思いでした。

後悔?もう少しこうすればよかった事

住み始めてビックリしたのは隣の家の人とのかかわりでした。

同じくらいの年齢の子供が居たので隣の人も話しやすかったのだと思います。

しょっちゅう話しかけてきて「とても迷惑」ベランダで洗濯物や布団を干していると隣の人はベランダに出てきてベランダ越しに話しかけてくる。

買い物に行けば廊下で会い話しかけてくる。

「こっちは忙しいんだよ」と心の中で叫んでいました。

隣の奥さんは専業主婦。

私はパートではあるが働いていたので出来れば隣の人と話している時間は使いたくありませんでした。

賃貸のように嫌だから引っ越すという事は簡単に出来ないので隣に住む人がどんな人かも知っておく必要があったと思いました。

マンションの購入を検討中の方へ

マンションは隣や下、上の人とつながって生活します。

例えば共有スペースの廊下や階段で顔を合わせる場面もしばしまあります。

そういう時の事を考えあまり噂話が好きそうじゃない人なのかそれとも話好きな人なのかが分かるといいと思います。

近所付き合いをしないで済むのが一番楽ですがマンションというのも思っていた以上に人付き合いがあります。

「どんな人が隣人かというのはかなり重要」一見すると忘れがちのポイントだと思いますので気を付けてみて下さい。

 

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事