パート
54歳 女性
およその金額とローンの期間は
『中古 およそ2200万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『物件選び』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

結婚から子どもが出来てしばらくは安い賃貸物件に住んでいて、家賃を抑えて貯金しようと頑張っていた私だが、子育て環境としてはあまり良くなかったと思う。

日々遊ばせたりするのに公園に行っても遊び相手がいなかったり、当然ママ友と知り合うことも無く孤独を感じることも多かった。

更には階下に引っ越してきた住人と子どもとの生活音に苦情を言われるようになってからは精神的に辛く、できるだけ意味もなく外出したりと生活が窮屈に思えるようになった。

購入を決めたきっかけ

賃貸での騒音問題から精神的にかなりつらく、子どもにも良い影響はないと思ったことと、どうせ家賃で消えていくお金ならマイホーム購入に充てて持ち家を持てば、将来的に財産となると思った。

子育て環境としても戸建てのほうが良いと思え、子どもが大きくなって独立しても替える実家が広いほうが良いと思った。

知人や不動産といろいろ相談して、子育てに向いた物件を紹介してもらえたので、これなら我が家で維持していけそうと思い購入を決めた。

こだわりや注意したポイント

実物で判断して決めたかったので、土地を購入して一から家を建てる選択肢はなかった。

新築建売か中古の物件で探していった。

引っ越しから15年以上は子どもも独立しないので、その間の生活のしやすさを念頭に間取りなどを考えた。

家族4人と親戚がきても良いように、トイレは2か所必要と考えた。

自宅前の道路の広さは万一売却するときの案件になると聞いていたので、路肩に駐車車両があっての緊急車両が通れる幅があるかは重要視した。

後悔?もう少しこうすればよかった事

隣との境は簡単なフェンスで区切られたいたが、結構丸見えな状態だったため、後付けでラティスを設置した。

家の中の配電については、トイレにはコンセントが2つあるのに、廊下には1つもなく、各部屋はすべてドアがついているので空気清浄機の設置では引き戸にコードを挟むようにするしかなかった。

コンロと換気扇が古く、キッチンの排気がうまくいかないことがあり、連動性も無かったため、数年後にリフォームすることになった。

間取りは家族の年齢などとともに変化するので、一つ使い方を替えられる部屋が余分にあると良いと思う。

子どもが生まれたり、一緒の子供部屋ではうまくいかなくなったりもすると思う。

また、親の介護などもあるかもしれないので、そのあたりも考えたほうが良い。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

間取りは家族の年齢などとともに変化するので、一つ使い方を替えられる部屋が余分にあると良いと思う。

子どもが生まれたり、一緒の子供部屋ではうまくいかなくなったりもすると思う。

また、親の介護などもあるかもしれないので、そのあたりも考えたほうが良い。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事