会社員
42歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ4500万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『その他』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

マイホームを購入する前は2DKの賃貸アパートに家族5人(夫婦・子供3人)で暮らしていました。

一番上の子が大きくなってくるにつれて、まずは部屋数の少なさと狭さに悩みがありました。

ふすまを取って部屋がつながっている状態にしていたので、家族みんなプライベートな空間はありませんでした。

そのため、子供は2段ベッドで寝かせていたのですが余計に部屋が狭くなってしまいました。

さらに湿気が多い時期になるとカビの発生もすごく、タンスの裏や二段ベッドの見えない部分などは掃除不可の状態でした。

購入を決めたきっかけ

子供が大きくなるにつれて部屋の狭さを感じ、また子供が受験をする年齢になることを考えて3LDK程度のマンションか一戸建てを検討していました。

ただ、子供たちのことを考えると今の通学範囲から離れないエリアで検討していたためなかなか見つからないのが現実でした。

そんな状況のときふらっと入った不動産屋さんで話を聞いたところ、現在の一戸建ての案件を提示してもらい、夫婦ですぐにその場所を購入することに決めました。

こだわりや注意したポイント

マイホームを購入するに至ったポイントはまず立地でした。

子供のことを考えると住んでいたアパートから小学校までの距離が割と近いところにありました。

そのため、購入する場所はできるだけ同じ距離くらいのエリアで探していました。

不動産屋さんから提示してもらった一戸建ての場所はまさに理想の場所で、住んでいたアパートよりもさらに学校に近い場所でした。

間取りも3LDKSとこれまた理想な間取りで、南向きで部屋の中も明るいので良かったと思っています。

予算もこちらの払える範囲でした。

他の不動産屋では無かった情報なので比較はしませんでした。

後悔?もう少しこうすればよかった事

住み始めてビックリした点はベランダの窓が通常の戸建てサイズよりも狭いところでした。

そのため、洗濯物を干すために洗濯ピッチを出そうとしたらやけに出し難いと感じよくよく見たらぎりぎり出せる状態でした。

これは以前住んでいたアパートよりも窓のサイズが狭いものでした。

次に建設中にコンセントの位置や数を決められるという話だったので、設計図を見ながら配線の場所を決めましたが、必要じゃない場所に設定してしまったのでもう少し考えればよかったと思いました。

マイホームを購入するときに後悔しないためには配線の場所を金額が高くなってもいいので、ドアの下と四隅に配置したほうがよいです。

私は配置を増やすと金額どんどん高くなってしまい、本来ならば理想のコンセント位置を設定できたところ「妥協」してしまったため、無意味な位置にコンセントを配置してしまったのでこれには後悔しています。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

マイホームを購入するときに後悔しないためには配線の場所を金額が高くなってもいいので、ドアの下と四隅に配置したほうがよいです。

私は配置を増やすと金額どんどん高くなってしまい、本来ならば理想のコンセント位置を設定できたところ「妥協」してしまったため、無意味な位置にコンセントを配置してしまったのでこれには後悔しています。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事