建設業
49歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2200万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『修繕・工事・リフォーム』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

アパート暮らしで、家賃をいくら払っても自分のものにならないとふと気付き、思い切って新築しようとおもいましたが、先立つものが全くないことに愕然としてしまい、そこから金策に走り回り親、銀行等頭を下げて回りました。

人生設計も大事かとおもいますが、思い切るということも大事と学びました。

実際、何とかなりましたし、今現在も借金に追われてはいますが、子供3人と奥さんとあーだこーだ言いながらも楽しく住んでいます。

購入を決めたきっかけ

家賃がもったいないのと、やっぱり子供が生まれたからですね。

子供2人でもやはり手狭に感じていて、さすがに考えなければ。

との思いもありました。

当然、一戸建てという夢はありましたし、いつかは。

との思いももっていたので、あとはタイミングだったような気がします。

たまたま友人がハウスメーカーに勤めていたので、そこのつてを頼りに紹介してもらいあとは、とんとん拍子に話が進みました。

改めて友人の大切さ、ありがたみを再確認しました。

こだわりや注意したポイント

不動産会社、ハウスメーカー等時間があるならできるだけ多くの物件を見ることをお勧めします。

これは各会社によってこだわりポイントも違うでしょうし、価格、設備等色々見れるからです。

水回りだけでも各メーカーを回っていたら、それこそ時間なんていくらあっても足りません。

実際、住んで使ってみないと本当のところはわからないとはおもいますが、家にはこれは合わないなんて思わず見た目より、機能性重視でいくべきと思います。

後悔?もう少しこうすればよかった事

まず、冷暖房。

その地域に見合った設備をお勧めします。

夏暑い、冬寒いは何年も住んでいくうちに滅入ってしまいます。

当然こうすればよかった。

はなんでもそうですが、まずは、そこにこだわるべき。

です。

家がそうなので。

あとは、人の動線。

しょっちゅう壁に当たる。

とか、躓く。

とか住み慣れているはずなのにあるんです。

動線をもっと考えて配置なり間取りなりをもう少し工夫すれば良かったです。

水回りの設備は妥協することなく、こだわってください。

その土地に見合った冷暖房設備をおすすめします。

新潟なので蓄熱暖房機をいれてはみましたが夏に関しては邪魔以外何者でもないです。

これなら例えば床暖房の方が場所も取らないですし、デッドスペースもできないですし。

あと、水回り。

毎日必ず使うもの。

ここは是非こだわってください。

似合う、似合わないは二の次です。

機能性重視でこだわってください。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

その土地に見合った冷暖房設備をおすすめします。

新潟なので蓄熱暖房機をいれてはみましたが夏に関しては邪魔以外何者でもないです。

これなら例えば床暖房の方が場所も取らないですし、デッドスペースもできないですし。

あと、水回り。

毎日必ず使うもの。

ここは是非こだわってください。

似合う、似合わないは二の次です。

機能性重視でこだわってください。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事