パート
32歳 女性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ3200万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『周辺環境・立地』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

結婚後、主人の住宅補助がある期間は2LDKの賃貸アパート暮らしだった私。

子供が産まれることになり、義実家から部屋の広さを考えずに贈られたベビーベッドは大きめサイズで置き場に悩まされ、部屋の中央に鎮座していました。

子どもが産まれてからはさらに荷物も増えることとなり、収納の限界を感じていました。

また、子どもの泣き声が近所迷惑になっていないか、来客時の駐車場が無く工夫が必要になることなど、プチストレスが溜まっていました。

購入を決めたきっかけ

賃貸の更新時期が来るタイミングで、義実家から飛び出した「主人が子供のころ飾っていた五月人形を貰ってほしい」という提案。

既に収納のキャパシティは限界で、畳半畳ほどのスペースを取る五月人形を引き取っても、置き場も片づける場所も無いため、「広い家に引っ越せたら...」という話が夫婦の間で現実的になっていきました。

こだわりや注意したポイント

私のこだわったポイントは何よりも子どもの学区などの子育て環境でした。

周辺に公園があったり、保育所が近いなどはかなり気にしてかくにんしていました。

また、夫婦で共通していたのは、建物自体には余分なお金を掛けないことでした。

長く住んでいくと修繕その他でお金が掛かるため、月々の固定費は安くするということを重要視していました。

ただし、安すぎるのもアフターケアなどで不安が出てしまうため、施工会社の評判などもチェックして、信頼できるところで購入しました。

後悔?もう少しこうすればよかった事

新築の建売住宅を見つけて購入したのですが、建物自体は至ってシンプルで使い勝手も可もなく不可もなしといったところでした。

実際の契約は建築中で、内見は同会社のほぼ同じ広さ・間取りの家を見て決めたため、室内環境は入居後にわかったところがありました。

候補になってから、何度も土地を見学したり周辺環境は確認していましたが、通勤通学の時間帯に、面している道の車通りが予想以上に多く、慣れれば何ともないと感じている私とは反対に、主人がかなりストレスを感じてしまっていて、そういった面での気づかない環境への要望などは、もう少し事前に確認しておくべきであったと思いました。

マイホームは大きな買い物なので、お互いが譲れないポイントが必ずしもあるかと思います。

表立ってこれとわかっている場合はいいのですが、私たちの様に後々気にする点が発覚する場合もあります。

心地よく生活するためにも、一緒に生活する人全員の育ってきた環境や性格を理解することは重要だと感じました。

家族同士での対話、特にマイホームで何を実現したいかといった点のすり合わせだけは妥協してはいけないと思います。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

マイホームは大きな買い物なので、お互いが譲れないポイントが必ずしもあるかと思います。

表立ってこれとわかっている場合はいいのですが、私たちの様に後々気にする点が発覚する場合もあります。

心地よく生活するためにも、一緒に生活する人全員の育ってきた環境や性格を理解することは重要だと感じました。

家族同士での対話、特にマイホームで何を実現したいかといった点のすり合わせだけは妥協してはいけないと思います。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事