フリーランス
36歳 女性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2400万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『駐車場・駐輪場』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

転勤族でアパート暮らしだった私。

ファミリー向けでも収納が少なかったり、部屋が狭かったり、コンセントの位置が不満だったりと家に対する不満ばかりでイライラしてばかりでした。

かと言って主人に単身赴任してもらうとなると、子供が小さく父親の愛情を感じて欲しいという思いが強く決断できませんでした。

家を建てる直前まで住んでいたアパートは新築でそこそこ部屋数があったのですが収納が少なすぎて「子供が小学校に上がったら何をどこに収納したらいいわけ?!」と頭を抱えていました。

購入を決めたきっかけ

転勤してすぐ、子供になかなか友達が出来ず休みがちになりました。

今では友達にめぐまれて毎日楽しく過ごしていますが、当時の子供は笑わず夫婦で「もうすぐ小学生になるし、これから転勤は考えられない。

子供に二度とこんな思いをさせないように家を建ててここに住み続けよう」と決めました。

縁もゆかりもない土地でしたが将来同居の心配はmなかったので即決しました。

こだわりや注意したポイント

こだわりと言うかテーマは私が楽な家と家族が居間にいる家庭です。

特にこだわったのはリビング階段と家事を1階で完結させるための同線づくりと収納の配置です。

水回りを集約しファミリークロークを1階に設置することで洗濯、物干し(ガス乾燥機があるのでほぼ不要)、洋服収納を1階で完結させました。

あとは食洗器も配置し家事の負担を大幅に減らし、リビングダイニングは分けずに最大限広く取りました。

その分2階は寝るだけの部屋にしました。

何度も図面を書いてもらいました。

実際使ってみて「家事って楽勝!」と何度も思いました。

後悔?もう少しこうすればよかった事

理想と現実のギャップはあまり感じませんが外回りを整備してから移住すべきだったとは感じました。

雪の多い地域なので砂利のままだと雪かきの際に大変やりずらく、「また砂利も運んじゃった・・・」と砂利を巻き込まないよう注意するのは手間でした。

カーポートも設置しておくべきだったと感じました。

あとはキッチンを決める際に実際の使い勝手を確かめるように蛇口や排水溝の形など確かめるべきだったと感じました。

家の図面を作るのは2回目だったので後悔はそれくらいです。

とにかく、どういった家にするかテーマを決めて営業担当に任せにせずに自分で調べる事です。

絶対に家事同線と収納は妥協しない。

一生に1度あるだけ幸せな事なので、自分の理想を常に追求しました。

「では新築会議を始めます」と掛け声で毎晩、旦那と晩酌しながら一緒にルームツアーや資料を見せ合い日々追求していました。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

とにかく、どういった家にするかテーマを決めて営業担当に任せにせずに自分で調べる事です。

絶対に家事同線と収納は妥協しない。

一生に1度あるだけ幸せな事なので、自分の理想を常に追求しました。

「では新築会議を始めます」と掛け声で毎晩、旦那と晩酌しながら一緒にルームツアーや資料を見せ合い日々追求していました。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事