会社員
42歳 男性
およその金額とローンの期間は
『中古 およそ1800万円・現金一括』
購入後に後悔した点は
『周辺環境・立地』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

借家で生活していました。

2世帯住宅のような構造で、外からは一軒家にみえて内側の一区切りが別の生活住居というタイプでした。

四分の三が大家、残り四分の一が我が家という状態です。

大家とは赤の他人です。

悪い人ではなかったのですが、その大家のお孫さんが日曜日になると訪問して走り回って非常にうるさかった点(何度か注意しました)、日当たりが悪くカビ臭さもあり、体調を崩すこともあったため転居を決めるにあたって一軒家を購入しました。

購入を決めたきっかけ

当時は家族が3人おりました。

3人では手狭であった点、そして前述したとおり大家のお孫さんの騒音がうるさかった点と日当たりが悪くカビ臭かった点が大きかったので早めに家を出たかったのです。

1年半ほど経って、ちょうど徒歩5分ほどに2階建ての物件がありましたので、そこなら学校や勤務先を変える必要もなく、困ることはないだろう、金銭的にも両親から援助があり、私自身も少し余裕がありましたので思い切って購入しました。

こだわりや注意したポイント

高校生と大学生の子供がいましたのでそれぞれがゆっくりできるスペースが確保できることが大きかったです。

また、駅から近く、転校や転勤の必要もないため、近場というポイントはこだわりました。

2階建てというところもあります。

ベランダがあり、日当たりも良かったため、住みやすさは借家に比べ格段に良くなっているだろうと踏んでいました。

果たして、日当たりも良く、そう大きな家ではないですがゆったりと生活ができるようになりました。

後悔?もう少しこうすればよかった事

住み始めてしばらくは特に何もなかったのですが、びっくりしたことは震災でした。

転居後4か月で震災があり、半壊判定に。

家も少し傾き、色々と修理が必要な状態になりました。

自然災害なのでどうすることもありませんが、タイミングが非常に悪かったです。

よしんば遅らしていれば、、、どうなっていたかは分かりません。

前の借家も結構な損害を受けていたようですので。

こればかりは運命です。

受け入れるほかはありません。

全然悪かった、失敗したとは思っていません。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

南海トラフ地震など日本は予測される自然災害がいつ起きるか分かりませんので、運次第ということがあります。

しかし、生活そのものは難しく考えることなく、QOLを意識して生活すればよいと思います。

金銭面は何とかなります。

ご近所さんはよく見て考えた方がいいでしょう。

自治会は暇な老人が張り切っていて、はた迷惑なルールが存在していることがあります。

私は現在独り暮らしなのでそれらルールは免除してもらっていますが。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事