会社員
51歳 男性
およその金額とローンの期間は
『新築 およそ2000万円・20年ローン』
購入後に後悔した点は
『家選び』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

築40年以上経過した公団(UR)の集合住宅に住んでいました。

古い建物であったため、冬になると隙間風が入ってきていると思われ、寒い思いをしていました。

新居は、新築でサッシも二重ガラスになっていること、密閉性もあり、さらに、断熱材などもしっかり入っているからなのか、引っ越した当初は、暖かさに感動した記憶があります。

私は、1階に住んでいたのですが、2階の方がトイレを詰まらせるなどがあると、雨漏り状態になることも、数年に1回のペースであっていました。

購入を決めたきっかけ

父親がなくなり高齢の母親が一人暮らしになりましたが、不安を訴えかけるようになりました。

兄も私独身で当時は、ともに一人暮らしをしていましたが、兄は、何とかしようとすることもなさそうだったので、仕方なく、私が母親と同居をすることにしましたが、母親も狭いところに住んでいたので、同居をするなら、少し広いところと思い、いろいろ探した結果、今の一軒家に決めました。

また、将来、高齢になったとき、賃貸だと年金での生活は、厳しいとの思いもあり、将来への貯金のかわりになるかと考え購入にいたりました。

こだわりや注意したポイント

母親との同居が前提であり、その母親が当時住んでいたところから離れたくないとのことでしたので、同じ町内で探すことになりました。

この点が一番のポイントです。

あとは、もともと、車を保有していたのと、地域的にも車は保有する必要もありましたので、車の使い勝手がよい駐車場(広さも含む)、前の道路の広さなども、ポイントとしてあります。

40歳になっていましたので、購入金額が、定年までに、ローンが完済できる見込みが立つかもポイントでした。

後悔?もう少しこうすればよかった事

上にも記載しましたが、入居は春先のまだ、寒い時期であったのですが、エアコンなどなしでも、いられるほど温かさを感じました。

もともとの住宅が古く、あまりよくない環境からだったこともあり、とても、びっくりした記憶があります。

ただ、入居して、しばらくしたら、洗面所のホーローのところに、ヒビが入りました。

購入したところに、交換の交渉はしましたが、認めらず自分で、補修材などを購入し対応となりましたが、もう少し粘り強く交渉しておけば、よかったように思っています。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

ごみの収集場所など、周辺の情報の収集もしておいたほうがよいかと思います。

私のところは、ごみの収集ボックスを月一回のペースで移動させており、持ち回りで担当している状況です。

ご近所さんは、昔ながらの、道路に面したところに、塀などがありますが、私の家は、道路に面したところが、すべて駐車場となっている作りとなっており、ごみ収集ボックスをおくと駐車スペースがつぶれてしまうことになります。

このことから、ご近所さんには、ごみ収集ボックスの持ち回りの担当ができないと、交渉して、免除いただきましたが、この交渉は正直ストレスでした。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事