会社員
28歳 女性
およその金額とローンの期間は
『中古 およそ6000万円・35年ローン』
購入後に後悔した点は
『修繕・工事・リフォーム』

建売・ 一軒家を購入する前の悩み

新築こだわっていた私。

購入する以前に住んでいた家は賃貸の戸建てだった。

築10年の比較的きれいな家で、吹き抜けのおしゃれな雰囲気のある家だった。

そのため購入する家も新築できれいな家にこだわって探していた私。

しかし希望と予算は釣り合わないもので、好立地で広い土地の新築戸建てなぞ今この時代には売っていないことが判明。

むしろ家の設備(オール電化や床暖房、宅配ボックス、パントリーなど)にお金をかけて建てている家が多く、1年ほど探すことになった。

購入を決めたきっかけ

賃貸の契約が残り1年と期限が迫ってきていて、夫から「賃貸のマンションや戸建てに引っ越すと駐車場代や管理費がかかるから思い切って買ってしまおう!」と提案されて購入することになった。

またペットを飼い始めたため、ペット可の賃貸を探さないといけないことやその分敷金の負担が大きくなることが予想できたため、「買うかあ・・・」とあまり乗り気ではなかったが購入する決意をした。

また住んでいた物件の日当たりが悪かったため冬場がすごく寒くて体調を崩すことが増えていたこともきっかけの一つだったと思う。

こだわりや注意したポイント

好立地はもちろん、今時の狭小住宅(ペンシルハウス)は絶対に避けたいと思っていたので、家の面積よりも土地の面積がどのくらいなのか気をつけながら探した。

また目の前の道路が私道ではないか、セットバックが必要な土地ではないか、セットバックが必要な場合はどのくらい必要なのかなどかなり気をつけて探した。

また自治会活動の頻度も調査した。

お祭りや防災活動など活発に活動している自治体は避けたかったので、市役所に良い合わせるなどして活発ではない地域や自治体はあっても会員が少なくほとんど活動していない地域を探した。

後悔?もう少しこうすればよかった事

好立地や金銭面も考えて結局中古を買うことになったが、修繕がとっても大変だった。

大掛かりな工事はリフォーム業者に依頼したが、簡単な工事(断熱材も補充、食洗機の取り付け、レンジフードの取り付け、風呂場の塗装など)は自分たちでやった。

築年数が経っていることもあってかなり劣化していることもあり、かなり時間がかかって半年間住みながら修繕をしていくはめになった。

夫と喧嘩することもその分増えた。

おとなしく大変な工事はリフォーム業者に頼んだ方が時間もコストもかからなかったのではないかなと今更思う。

建売・ 一軒家の購入を検討中の方へ

一軒家を購入するときは予算や時間の問題もあるが、あまり妥協しないことがベスト。

今は家も土地も不足しているし不動産価格が高騰しているのでなかなか自分の望むような物件は出ないのが現実だが、妥協せずにこだわりを貫いて検討していくことをお勧めします。

私は新築ではなく中古を買ったおかげで「ああここ直したいな」「ここがもう少し使いやすければ」「もっときれいなら」と日々思うことが多々あります。

その度に「新築だったら・・・」なんて考えてしまうのが悔しくなったりする時があるので、家選部は慎重に。

 

ネット非公開物件情報が手に入る!

タウンライフ不動産は全国300社以上の不動産会社があなたの要望や希望に基づいて、

マッチする物件情報を無料で提供するサービスです。

 

  • 不動産購入で困っている
  • どこで頼めばいいのか分からない
  • 購入で損をしたくない

 

その悩み、プロの提案を比較できるタウンライフ不動産売買で全て解決できます!

ネットで簡単に、複数の不動産会社の非公開物件情報が全て無料で手に入れられるので

普通に探してるだけでは絶対に出会えなかったあなたにピッタリの物件を発見できるはずです。

物件探しの選択の一つに加えてみてください。

おすすめの記事